患者さんが目指す治療のゴールと矯正医が目指す治療のゴール

PATIENT GOAL AND ORTHODONTIST GOAL
美しさの追求だけではない矯正治療
人生において見た目は常についてまわるもの。 “見た目がすべて” ではありませんが、とくに最初に出会ったときの印象のインパクトは大きく、あとあとまで記憶に残るそうです。できることなら、素敵な人と思われたいとはだれしも思うことですが、矯正治療はそんな第一印象のアップに大いに貢献します。スマイルの美しさと口元の清潔感はその人の魅力をいやがうえにも高めるからです。
 
魅力的なスマイルづくりに矯正治療は欠かせないものという認識が高まりつつありますが、矯正治療の目的は歯並びを美しく整えることだけではないということをご存知でしたか? 矯正治療というと審美面だけがクローズアップされがちですが、それは矯正治療の目的の半分を達成したにすぎません。残りの半分とはいったい何でしょうか。
咬む機能も最大限に引き出す
矯正治療は土台となるあごの骨の中で歯を動かしていき、理想の歯列を構築する治療です。審美歯科のように歯の移動はせずに歯の表面を削ってラミネートベニアを接着したり、クラウン(被せ物)を被せて見た目を整える治療とは根本的に異なる治療といえます。

ではなぜ、矯正治療ではたいへんな時間をかけてまで歯を動かして治療するのでしょうか。それは歯の大切な働きである“咬む”という機能を最大限に引き出すためなのです。

歯並びが乱れている人は咬み合わせもズレていることが多く、そのために咀嚼の効率が落ちていたり、あごの関節に負担をかけていたりすることがあります。こうなると体調に影響することもありますから、矯正治療によって咬み合わせを正常に戻して咬む機能を高める必要があるのです。治療計画をたてる際にも咬み合わせを考慮しながら美しくてかつ、しっかり咬めることが目標となります。

歯並びを美しく整えるということと同時にしっかり咬むことで健康増進を図るということが矯正治療のもう1つの大事な目的なのです。
クリニック選びは慎重に
昨今の歯科医院の過当競争により、十分な矯正技術を持たずに施術を始めてしまう歯科医院があることに患者さんも注意が必要です。

裏側矯正においても新しい矯正装置が開発され、装置さえ良ければ誰でも治せるようにとらえかねない表現もあり危惧するところです。一般の矯正治療やさらに裏側矯正は歯科治療の中でも専門性の高い分野であり、熟練した技術と豊富な経験がものをいう世界です。ですから、簡単な矯正の研修を受けただけで矯正を始めた歯科医と、経験豊富で熟練した歯科医とでは治療のレベルは歴然と違ってきます。

検査1つにしても正確で精密な検査が必要であり、その検査結果に基づいて正しく診断し、治療のゴールを設定する──。こうした一つひとつのプロセスを確実に行うことで美しくデザインされたスマイルラインと、精密な咬み合わせとが同時に実現します。

一方、“矯正治療のゴールは歯並びが綺麗になること”以外に気づいていない患者さんの場合、未熟な矯正医の治療を受けると審美面はもとより咬み合わせについても低いゴールを設定されてしまうことが懸念されます。そうした治療を受けると咬み合わせに違和感を感じたり、歯列の配置が気になったりとあとあと問題が生じてくるのが常です。ですから、矯正医選びには慎重を期すことが第一といえます。

治療のゴールは見た目の美しさはもちろんですが、咬み合わせについても重視し将来のあなたの健康まで見据えて治療してくれる、そんなクリニックならばまず間違いないといっていいでしょう。
ページトップへ