裏側からの矯正医について

INvISIBLE ORTHODONTIC SPECIALIST

裏側矯正での治療を行う矯正医

裏側矯正は表側に装置がつかないため、人に知られずに矯正治療ができるという最大のメリットがあります。そのため、キャビンアテンダントや営業職など、接客業や人前でお仕事をされる方などから人気が高い治療法です。

裏側矯正は日本では1990年頃から治療が本格化しました。それ以前から治療法は考案されていましたが、裏側から治療できるドクターが少なく、当時は裏側矯正に対して、「どうせうまくいくはずがない」「裏側からなどとても無理だろう」といった悲観的な考え方のドクターが多かったことも事実です。確かに装置も小さく、表側より狭いスペースに装着しなければならないため、より精密で専門的なテクニックと知識が必要となります。

ただ、「目立たない装置を」という患者さんの要望に応えたいと、裏側治療に真摯に向き合うドクターも少なからずいて、次々と裏側からの治療に成功させていきました。こうした草分けともいえるドクターの尽力によって、裏側矯正が今日のように普及したという歴史があります。

裏側矯正を適正に行うには、矯正歯科医の豊富な経験がものをいいます。それは表側からの矯正とは装置の付け方や歯の動き方が違うためです。

裏側矯正では治らないとか治療期間が長くかかると言われた時代がありましたが、裏側矯正を十分に熟知したドクターは、表側矯正ができる状態の患者さんなら裏側矯正もほぼ可能だと言い切ります。
 

参加メンバー

 
ページトップへ