ウェディングで裏側矯正(舌側矯正)が増えている理由

THE REASON WHY INVISIBLE ORTHODONTIC INCREASES TO BY A WEDDING
結婚式を前にして、歯並びを治そうとする女性の方は多くいます。

矯正を行うとき表側からの矯正の場合、結婚式の当日までに装置を外す予定で治療するため、それを見越してかなり前(およそ18ヶ月前)から矯正治療を始めなければならないといった問題があります。

裏側矯正(舌側矯正)の場合、約6ヶ月前から治療を開始しても間に合います。

なぜでしょう?
裏側矯正でも完全に治療が完了するのは1年半~2年位必要になります。ただ、最新の矯正装置は歯の動きが早く、治療開始から約6ヶ月で、でこぼこは並びますので、見た目上の歯並びはかなり改善されます。

また、その後完治までの残りの期間も裏側矯正ではもともと見えない矯正治療を行っているので、他人の目を気にする必要はありません。

見ための歯並びの良さは約6ヶ月で改善し、さらに治療上の完治まで他人に気づかれずに治療することは裏側矯正(舌側矯正)の大きなメリットです。

このような理由から、結婚前に歯並びを良くしようと思っている女性に裏側矯正を希望する方が増えています。

尚、症状の個人差により歯並びの改善期間は変わってきます。結婚式を機会に矯正治療を考えられている方は、裏側矯正の専門医に相談してみるのも良いと思います。
ページトップへ